更新履歴
お金を持つ人

投資に興味はあるが、どのよな準備をする必要があるか分からない人は少なくないでしょう。
まず第一に準備をしなければいけないのが、証券口座の開設です。
つまり、株や債券、外貨等どのような金融商品を購入するのであっても、その注文をするための口座がなければ投資を始めることができません。
そのため、投資を思い立ったその日のうちに証券会社に口座開設のための書類を送ってもらうべきでしょう。

ただし、どのような証券会社でも良いのではなく、自分が購入したい金融商品を取り扱っている証券会社を選ぶのは言うまでもありません。
また、証券会社ごとに手数料が異なるため、できるだけ手数料が安い証券会社を選ぶのが良いでしょう。
もちろん、手数料が高い会社にはそれなりのメリットがある場合も存在し、各社の提供するサービスと費用のバランスを考慮して口座開設をすることになります。

ただし、証券口座を開設しても実際に金融商品を購入するための資金がなければ投資は始めることができません。
そのため、自分が購入したい金融商品がおおよそいくら程度なのか確認した上でお金を用意する必要があります。
この際重要なのが、投資に用いるお金を、最悪なくなってしまっても大丈夫な余剰資金であることです。
つまり、すぐに必要になるような生活費を投資に充ててしまうと、失敗した時に生活に窮してしまいます。
そのため、事前に余剰資金を用意しておくことが重要になるのです。

もちろん、投資に用いるために借金をしてしまうの問題です。
投資の場合、リターンがプラスになるかマイナスになるかは不確実であるため、出来る限りコストはゼロに近づけるのが鉄則です。
しかし、借金をして購入した場合、利息の負担のせいでパフォーマンスが悪くなってしまう虞があります。
よって、必ず借金ではなく貯金等を用いるべきです。

記事一覧
電話で話す男の人

この世の中では大きな何かを得ようとするのであれば同時に大きな何かを失う覚悟をしていなくてはなりません...

グラフ

預金金利が低水準のまま長い期間が経過し、ついに日銀がマイナス金利政策を導入した結果、今まで以上に預金...