• ホーム
  • 九州電力に投資し税金対策もしよう

九州電力に投資し税金対策もしよう

電力会社への投資は、数年前に起こった原子力発電所の事故により減少しています。
それは、電力会社への不信感の表れであり、電力の供給の不安定さにも由来しています。
ですが、日本で生活する人々にとって、電力なしで生活を営むことはできないのが現実です。
ほとんど全ての人が電力を毎日使用し、その恩恵に与っています。

このように考えると、電力会社への投資は、大変安定した投資先であるということもできるのです。
どのような経済状況になろうと、どのような地政学リスクを受けようとも、電力の供給が滞ることはないと言えます。
そこで注目したいのが、九州電力への投資です。
九州には、沢山の企業もあり、人口も比較的多く住んでいます。
よって、九州電力は今後も安定した経営が行われると想定されているのです。

さらに、九州は今年多くの注目が集まると言われています。
その背景あるのが、九州の鉄道会社の上場です。
このように、日本経済に大きなインパクトのある出来事が九州から発信されるため、九州電力にもまた注目が集まると考えられます。

以上のことから、九州電力に興味を持ってみたものの、投資にかかる税金が気になると言う人も沢山います。
税金対策が気になるため、金融商品の購入を躊躇する人も少なくないのです。
そこで、投資における税金対策についても考えます。

一般的な株式や投資信託などは、証券会社を通して購入します。
通常の場合、売却益に対して20%の税金が課税されますが、少額投資非課税制度を利用するとゼロにすることができます。
120万円を限度に課税額を免除してくれる制度であるため、幅広い世代の人に利用されている制度です。
この制度を利用することで、税金に対する不安もなく、安心して購入することができるのです。

関連記事