投資の対象の決め方

グラフ

預金金利が低水準のまま長い期間が経過し、ついに日銀がマイナス金利政策を導入した結果、今まで以上に預金をするメリットは失われつつあります。
そのため、預金ではなく何かしらの投資を考えている人も多いでしょう。
しかし、どのようなものに投資をすれば良いか分からず困っている人も少なくありません。

そんな人たちは、どのような目的で投資を行うかを明確にすることでどのような商品を買うべきかを明らかにする必要があります。
なぜなら、様々な金融商品にはリスクやリターンの観点でそれぞれの特徴があり、どの程度のリスクを許容できるのか、逆にどのくらいリターンを期待するかで自然と投資対象が限られてくるのです。
例えば、あまりリスクは取りたくないがリターンも大きくは期待しない場合であれば、債券が最も魅力的な商品となるでしょう。
なぜなら、最も安全度の高い国債の場合、国が財政破綻をしない限り元本の償還が保証されており、加えて利子を受け取ることができます。
そのため、利率が高いものを購入すればそれだけ高いリターンを得ることができるのです。
債券には、国債の他にも地方債や社債があり、これらも発行主が破綻しない限り、元本が保証される低リスク投資です。

逆に、大きくリスクを取ってでも大きく儲けたいという人にお勧めの投資先の代表例がFXです。
つまり、為替の変動を予想し通貨の売り買いをするのです。
FXのメリットとして、投資元本が少ない人でも、レバレッジという仕組みを用いることで、元本よりも遥かに大きな金額で運用をすることができるのです。
もちろん、運用金額が大きくなるということは、大儲けできる可能性が高いですが、半面大損をしてしまう虞もあるため、相応の覚悟がある人にしか勧められない投資先とも言えます。

関連記事